Regalo - 贈り物 -


先日のこと、日本在住のイタリア人女性から、当店のマヨリカ焼のレモン柄のプレート(お皿)に
お問い合わせをいただきました。


e0366759_00063982.jpg


日本人のお友達への贈り物に、何か素敵なイタリアのものはないかと探していたところ、
当店のマヨリカ焼に出会ったそうです。
Molto bello!(モルト・ベッロ:とっても素敵)と言っていただきました!

当店のマヨリカ焼は、南イタリアの小さな工房で職人さんがひとつひとつ手描きで絵付けをしています。
昨年秋、実際に現地の工房をいくつか尋ね、職人さんたちと直接お話をして、素敵だなと思った工房の
ものだけを買い付けてきました。
こちらの商品は、職人さんとお話ししながら色やデザインを決めて作ってもらったOrdinario オリジナルです。

そんな思い入れあるものを、イタリア人の方にも選んでもらえ、しかも誰かへの贈り物という大切な機会に
ご利用いただけて、とっても嬉しかったです♪


e0366759_00063910.jpg


こちらのお皿は、高台のところに穴が開いているので、紐や針金を通せば壁にかけて飾ることもできます。
お家のキッチンやダイニングに飾れば、おしゃれなイタリアンレストランのようになりますよ。

受け取られた方にも、気にいっていただけているといいな。




お店のページはこちらから :




[PR]
# by ordinario_it | 2017-09-08 09:30 | マヨリカ焼 | Comments(0)

Esami - 試験 -


気が付けば8月最終日。
日差しはまだまだ暑いですが、時折吹く風に秋を感じたりもしますね。

皆さま、楽しい夏を過ごされましたか?

私は10日ほど前、遠い遠い学生時代以来 久し振りの試験を受け、その後の脱力感に襲われていました。

何の試験だったかというと、「通訳案内士」という資格試験です。

通訳案内士というのは、日本を訪れる外国人観光客に外国語で日本の観光地や文化を紹介したり、
旅行に関する案内、サポートをするお仕事で、日本では語学関係で唯一の国家資格です。

試験内容は外国語(私の場合イタリア語)、日本地理、日本歴史、一般常識の4教科。
外国語だけでなく、日本に関する幅広い知識が必要な試験です。
以前から気になっていた資格だったのですが、今年思い切ってチャレンジしました。

ちなみに、ここ近年の全体の合格率は20%ほど。
イタリア語だけで見ると昨年は12.6%、一昨年は5%だったそうです。

お休み前のブログで「家にこもって勉強の日々」と書きましたが、この試験のためでした。
久し振りの試験勉強と、一日4教科の試験で、試験後数日間は脳みそがショートしていました。

結果発表は11月初めと少し先です。
今回のは一次試験で、通過すれば12月に二次の面接試験がありますが、ちょっと難しそう。。。
ただ、合格した科目は来年の試験時に免除されるので、また来年も挑戦しようと思います!


さて試験修了後、癒しを求めて試験会場近くの伏見稲荷大社へ行ってきました。


e0366759_00021291.jpg

日本を訪れる外国人観光客にとても人気の場所で、訪れた際にも様々な国の観光客の方たちでいっぱいでした。
伏見稲荷と聞いて一番にイメージされるでしょう「千本鳥居」は、人が多くてうまく撮れず。。。

以前来た時には千本鳥居の辺りまでだったので、せっかくだからと一番上まで登ってみることにしました。
ただ、これがなかなかハードで、途中で何度かあきらめようかとも思いましたが、途中の三ツ辻という
場所からの眺めが素晴らしく、ここでエネルギーを回復して頂上まで登ることができました。

e0366759_00021241.jpg

ここでもいろいろな国の言葉が聞こえましたが、そんな中、偶然イタリア人観光客のグループに遭遇!

日本語が少し話せる男性や、J-POPに興味があって最近日本語の勉強を始めたという女の子、
日本を訪れるのは2度目というご家族など、日本に興味のあるイタリア人の話を聞くことができました。

自分が好きな国(イタリア)の人たちに、自分の国(日本)に興味を持ってもらえるのって嬉しいですね♪

e0366759_00021215.jpg

下に降りる頃にはすっかり日が暮れ、門や舞台がライトアップされていて、こちらもとってもきれいでしたよ。


今回の試験勉強を通して、曖昧だった地理(主に関東地方の県の場所とか)や歴史についてはっきりさせることができ、
そして改めて「イタリア大好きだけど、やっぱり日本も大好きだな~」と実感しました。

友達や仕事関係のイタリア人に日本のことを聞かれることも多いので、日本のことも、イタリア語も、もっと勉強しよう!
そう思えた今年の夏でした。


お店のページはこちらから :




[PR]
# by ordinario_it | 2017-08-31 09:30 | Ordinario 店主のこと | Comments(0)

毎日暑い日が続きますね。
今日から夏休みという社会人の方も多いのではないでしょうか。

そんな中、甲子園では毎日熱戦が繰り広げられています。
強豪が初戦敗退したり、最終回で逆転劇があったり。
一生懸命な中から生まれるドラマに、毎回心動かされます。

店主は京都府出身、神戸在住ですが、応援するのは鹿児島代表。

小さい頃、毎年夏休みは両親の故郷・鹿児島へ帰省していたので、
夏の甲子園大会は親戚のおじちゃんたちと一緒に鹿児島代表を応援するのが
恒例となっていたためです。

当時は野球のルールもよくわかっていなかったのですが、年に1~2度しか会えないけど
大好きだったおじちゃんたちと、一緒にわいわいする時間がとっても好きでした。


お兄さんたちがするものだった高校野球も、今やすっかり若い若い子たちの
プレーするものとなりました。

温暖化の影響で、あの頃よりもずっと熱くなった日本の夏。
プレーする人も観戦する人も体調に気をつけて、悔いのない夏を過ごしてほしいと思います。


さて、こんなに暑い日は買い物に出たくないし、火を使わないレシピがとっても助かる!
でも美味しいものを食べたい!!

ということで、今日のお昼は家にあったものでパンツァネッラを作ってみました。


e0366759_13445623.jpg


余って硬くなったパンを水につけて柔らかくし、水を絞って切った野菜と合わせ、
エキストラヴァージンオリーブオイル、お酢、塩で味付けするだけと、とっても簡単♪


当店取り扱いのこちらの本にも、パンツァネッラのレシピが載っています。



e0366759_13445598.jpg



e0366759_13445614.jpg

もともとトスカーナの塩なしパン(バターや塩を使っていないので、
時間が経つとすぐに硬くなる)を捨てずに美味しく食べるためのレシピ・夏バージョン。

大阪や京都で言うところの「始末の料理」ですね。

お酢はワインビネガーが良いのですが、なければリンゴ酢か、穀物酢を少し少なめで
使っても良いと思います。
レモン果汁を使っても、爽やかな仕上がりになりそうですね。

今日は少しボリュームが欲しかったので、ツナとケイパーも入れました。
冷蔵庫に入れて味をなじませ、冷たいままでいただきます♪

お酢の酸味で食欲のない時にもさっぱりいただけるので、夏バテ気味の時にも
おすすめですよ。


Ordinario は明日から少し長めのお休みをいただきます。
イタリアへ行きたいところですが、家にこもって勉強の日々です...
何の勉強かはまたの機会に。

それではみなさま、Buone vacanze estive !!(良い夏休みを!!)




お店のページはこちらから :




[PR]
# by ordinario_it | 2017-08-11 14:50 | 商品紹介 | Comments(0)

夏季休暇のお知らせ


いつも Ordinario - イタリア暮らしの雑貨と本 - をご利用いただきありがとうございます。

Ordinarioは、8月12日~20日 夏季休暇とさせていただきます。

ショップページからのご注文は通常通り承ることができますが、
商品の発送、お問い合わせのへのお返事等は8月21日以降となります。

ご迷惑をおかけしますが、予めご了承くださいませ。

Ordinario - イタリア暮らしの雑貨と本 -
店主 宇治野



お店のページはこちらから :




[PR]
# by ordinario_it | 2017-08-10 00:00 | Ordinario のこと | Comments(0)

先日、ブログで紹介しました我が家のバジリコ。

葉っぱの一部は美味しいブルスケッタになりましたが、
その後もすくすくと育って、かわいらしいお花が咲きました。


e0366759_14250288.jpg



バジリコの花は初めて見ましたが、真っ白で小さい花なんですね。
下から順番に咲いていく様子を、毎日楽しみにお水をやっていたのですが、
残念なことに、先日強風で倒れ、鉢が割れてしまいました...


花の部分は折れてしまいましたが、葉っぱは美味しくいただきました。

北向きの我が家でも問題なく育つことも、思っていたより手間がかからない
こともわかりましたので、次回はジェノヴェーゼソースを作れるぐらいの量を
育ててみたいと思います♪



お店のページはこちらから :




[PR]
# by ordinario_it | 2017-07-20 13:00 | 日々のこと | Comments(0)